キャッシングのメリットとデメリット

キャッシングって凄く不思議な物だと思います。

私も以前まで利用させて頂いてたのですがいきなし自分の口座にお金が振り込まれてしまいます。

そして何日かするとカードが送られてきてそのカードには自分で指定して上限が決められた範囲で好きに引き落とせる事ができます。

メリットとしては、結婚式やお葬式や病院など急にお金が必要になった時などには凄く助かるシステムだと思います。

実際私なんかは奥さんが妊娠して分娩予約金というのが必要になり、そのお金を用意するのに10万円お借りしました。

その時には助かったーって正直思いました。
なので急にお金が必要になった時助けれてくれるという事を考えるとかなりメリットだと思います。

デメリットとしてはやはり利子がかかってしまう事が一番ではないのかなって思います。

タダで貸してくれるわけではないのでそれ相当の利子っていうのがついてくるもんですが、やはり利子って正直無駄なもんなんですよね。

出来れば払いたくない物です。

キャッシングについてはメリットもデメリットもあると思いますが困った時に少しだけ助けてくれるものだと考えればかなりメリットの方が大きいものだと、私は思います。

あまり借りすぎず計画的に利用すれば素晴らしいシステムだと思います。
薬局で買える脱毛クリームならエピラット

仕事の変わり目で助かりました

転職するって時に前の仕事と次の仕事のダブルワーク状態になったのですが、前の仕事の引き継ぎが手間取り、どちらの仕事も出勤日数が少なくなってしまった時期が半年近くあります。そうなると、その間はどんどん給料が下がってしまい、支払いも滞りがちになりました。次の仕事に完全移行してしまえば一気に楽になるのに??っていう最終月に最低の給料になりました。さすがに友達にお金借りるにも限界があるし、できるだけ早く返さないといけないというプレッシャーもあるので、正直苦しい状態でした。いつもいつも支払いのことばかり考えていて、自分でも口を開いたら「あたしお金ないからね」と言ってしまうのが情けないやら、相手を不快にしてるのではないかと気を使ってしまうわで正直ストレスがたまっていました。しかしキャッシングができたおかげでまともな給料が入り始めるまでの場つなぎとして生活費と交通費を借りることでなんとか次の仕事にも支障なく過ごすことができました。返済もすぐにできる程度だけお借りできたので、分割でお返ししたらいいということもあり、とても安心しました。口癖になっていたビンボーアピールもしなくなり、自分でも無意識なことに気を使わなくてよくなりました。
ジェルネイルキット 通販

金を餌に大物を

私は釣りなんてあまりしたことが無いのですが、金を餌に見立てるというのは我ながらうまい例えだと思っていますよ。
まぁ、餌といっても色々ありますからね、撒き餌や疑似餌なんかも金で代用できるのですよ。
少し乱暴な言い方になってしまいましたが、それは本当なのです。

餌が無ければ魚が釣れないように、金が無ければ何も得ることができません。
金は持っているだけでは何の意味もないものです。
ルアーに例えるわかるかもしれませんが、ルアーを収集していても魚は一生釣ることはできません。
お金を収集していても、それ以上の金額になるなんてことは無いのです。

前置きが長くなってしまいましたが、金なんていうのは使いどころがきたら思う存分使うべきものなんです。
お金を使うことを恐れ、貯めることばかりに集中するのはよろしくありません。
お金なんてものは、株と同じで、あっという間に紙切れになるなんてこともあるのです。
そんな不安定なものを大事に大事に、海にたらすことなく持っていても有効活用とはいえません。

魚を釣るように、金を海にたらせば世界を釣ることも可能なんですよ。
まぁ、世界征服をしろという話ではありません、金があれば世界征服をすることも可能なんですが。
でも、金があれば自分自身の世界を構築することができるというのは嘘ではありません。
お金は道具です、楽しい人生を送るために役立てることもできますので、有効な活用方法を模索しましょう。

プロミスの自動契約機なら土日・祝日の休日キャッシングも可能?

今の若者が抱える悩みについて

現代の若者は見栄を張らなくなった、皆同じでいい…などと草食系などと言われていますよね。
昔のように、高い洋服を買ったり、かっこいい車に乗ったりという野心のようなものが無くなり、皆と同じで良いというような馴れ合いの文化が広がっていると言われています。

その文化はそれはそれで良いと思うのですが、
個人的には少し寂しいな…というのが本音です。

若い頃は我先にという感じで、アイツだけには負けたくないとメラメラと野心を燃やしてほしいものですが、実際のところはどのような事情なのでしょうか?

街を歩いてみると、確かに女の子は友達同士で同じ洋服を来たり、正直みんな同じ格好、化粧をしているようにも見えます。男性もそのような傾向はあるものの、女性よりも個性が強いという印象を受けました。

また、中には高級車に乗っている若者もいたりと若者にもしっかりと野心というものはあるんだなと思いました。

…そう考えると、今は単純に若者がお金を稼げない世の中になっているのかなぁとも思います。

実はキャッシングの需要は年々高まっており、利用者は30代、40代が多いと思いきや、実は20代もキャッシングを利用している人がすごく多いようです。

このページをご覧の若者の方にご紹介したいのが以下のサイトです。

お金借りる即日※今すぐお金が必要な方へ

もしも今お金が必要だと思われているなら今ご紹介したサイトをご覧になってみて下さい!
お金が無いならキャッシングでもなんでもしてとにかく「今」という時間を有効に使って下さい!

今という時間は戻ってきません。
キャッシングで解決出来ることならどんどん利用していけば良いと思います!

成長見えない日本郵政

日本郵政が上場するかどうかのニュースを見ました。
日本郵政とは、あの小泉政権がなんとしてもやりたかった郵政民営化の末、国営から民営化になった郵便事業のことを言います。あれだけの組織、そしてほぼ独占事業とも言える郵便という事業を行っていながらまだ上場とか言っている時点でちょっと残念な気持ちになってしまいますよね。

そのニュースの記事では上場出来ない理由があれこれ書いてありましたが、なんだか全て言い訳に聞こえてしまいました。なんであれほどの規模と事業を持ちながら儲けることが出来ないんだとどうしても思ってしまいます。

やはり公務員体質が未だに残っているのかもしれませんね。
お役所というのは基本的には利益というのは追求しませんから、その延長で今も運営を行っている結果なのかもしれません。もっと経営のトップに経営に優れた人材を起用した方が…と思って調べてみたところ、役員には誰でも知っている大企業の社長や会長を勤めた人たちがずらっと顔を揃えているではありませんか…。これほどの経営陣を揃えてもうまくいかないのかと落胆してしまいました。

ということはですよ?
そもそもの日本郵政のビジネスモデルが間違っているということじゃないでしょうか。
それはつまり、国営だった時代にかなり無駄な税金が流れていたということになります。
きっと今のお役所が運営するものってそんな感じなんでしょうね。

税金で賄えるからとって儲けを度外視するのはやっぱりよくないですよね。
今回の郵政の一件でどれほど国の運営がずさんかがハッキリしたと思います。
税金を増やす前にまずはこのあたりを見直して欲しいですが…そうはいかないんでしょうね。
なんだか本当にやるせない気持ちになりますね…。

現金があれば何でも出来る!

アントニオ猪木の名言中の名言、元気があれば何でも出来る!

確かに元気があれば何でも出来るような気がしますが、
資本主義の日本では元気だけでは生きていくことは難しいと言えます。

いくら元気があっても能力が無ければ会社で仕事を任せることは出来ませんし、いくら元気があっても才能が無ければ専門特化された道で生きていくことは難しいと言えます。

しかし、元気ではなく現金ならどうでしょう。

資本主義の日本、現金があれば何でも出来ます。

たとえ、能力が無くても、才能が無くても、持っている現金で能力と才能を買うことが出来るからです。つまり、現金があればその現金を更に増やすことが可能ということです。

これは現金があれば何でも出来る…ということにはならないでしょうか。

このブログは金で世界を釣る…というタイトルですが、まさに現金があれば世界を釣ることだって可能という訳ですね。

今はグローバル化が進み、日本人がどんどん海外に進出しています。
そう…ジャパンマネーを持ってです。

日本は経済大国と言われるだけあって、
世界ではやっぱりお金持ちの国です。

日本の1万円が海外では何倍にも価値が膨れ上がります。

それを活用して日本が海外に進出する。

今後、経済格差はどんどん無くなってくると言われているので、進出するなら差がある今が最後のチャンスなのかもしれませんね。

現金があれば何でも出来る。
例えば今100万円を持っていたとしましょう。

日本で何かを始めるには物足りない金額ですが、
海外ではそんなことはありません。

100万円でも十分に勝負出来る国はいくつもあります。

あなたも現金で世界を釣る勝負をしてみませんか?
海外に行くという勇気さえあれば夢を叶えることが出来るかもしれませんね。

キャッシングの審査は会社によって基準が違う

消費者金融でキャッシング即日を利用したいと思ったら、審査を受ける必要があります。
手軽になったとは言っても借金ですから、本当に信頼してお金を貸しても良いかどうかを調べる必要があります。
自分では、ちゃんとお金を返すめどが立っていると思っていても、そう判断されないかもしれません。
消費者金融に申し込む方法はいろいろとあります。
店舗でも良いですし、無人契約機でもインターネットでも構いません。
どの方法であっても結果は変わらないからです。
金利が低い会社を利用したいと誰もが思うでしょう。
つまり、金利が低い会社は申し込みが殺到してしまうために、審査基準が比較的厳しくなっていると言うことです。
もしも、申し込んだけれど通らなかったからと言って、絶対にキャッシングを利用できないというわけではありません。
一社でも断られてしまうと、自分がブラックリストにでも入ってしまうのかと思う人もいるかもしれませんが、そういうことではないので安心してください。
それぞれの消費者金融によってかなり基準が違いますから、他を当たってみましょう。
同じ銀行系であったとしても、会社によっては審査が通ることもあります。
どこが通りやすいのかと言うことになると、基準がバラバラですのではっきりとは言えません。
どこの会社であっても共通して言えることは、収入がなかったり、すでにブラックリストに入っていたりすればキャッシングは利用できないということです。
このようなことがなければ、あきらめないで申し込んでみましょう。

ついに4Kの試験放送始まる!…が、しかし。

テレビ業界にまた新風が巻き起ころうとしていますね。

それは4K放送と呼ばれる、
これまでよりもコマ数が多くなりより綺麗に見れるというものです。

ちょっと前に話題になった3Dよりも需要がありそうですが、
今の標準スペックである2Kでも十分に綺麗なので、
本当にそこまで需要があるのかって感じもしますね。

従来のブラウン管型からプラズマテレビや液晶テレビになった時はテレビの進化に本当に感動しましたが、今回は言ってみればマイナーチェンジですからね。

4Kになったからといってどうしても新型が欲しいという人は少ないと思うんですよね。

ましてやテレビ離れが騒がれている昨今、お笑い芸人しかテレビに出てこないソフトばかりなのに、ハードだけスペックが高くても…という感じもします。

昔のような動物のドキュメンタリー番組なんかは4Kで見てみたいものですが、お笑い番組を4Kで見たところで特に何も変わらない気が…。

あと、本当なら今回のワールドカップに間に合わせたかったんでしょうね。
でも間に合わなかった…そういう感じもしませんか?タイミング的に。

今はテレビの画質を良くするよりも、
パソコンの画質を良くしたり、動画を取るカメラなんかの画質をアップさせた方が需要がありそうですけどね。

今までは電気メーカーが出したものを消費者が買う時代でしたが、今は全くの逆と言っても良い図式になっています。日本企業が軒並み世界で負けているのは、こういった独りよがりなところが問題なのかもしれませんね。

消費者は4Kなんか欲しがっていません。
もう少し消費者が欲しいと思えるようなものを作って欲しいですね。

日本の技術は確かなんですからね。
あとは方向性の問題だと思うんですけどね。

金を生み出すために金を使え

金を生み出す手っ取り早い方法が金を使う事です。
はっきりといって巨大資本があればいくらでもお金を増やすことが出来ます。

生まれつきお金持ちに生まれてきた人が若いうちから事業に手を出しお金を手にするのは
スタートの時点から親なりなんなりに資金援助を受けることが出来るからなんですね。

お金持ちの家に生まれるとこの世の中では非常に楽にお金持ちになれるんです。
まぁお金持ちの家に生まれるという事も実力の一つなんでしょう。

運も実力のうちといいますからね。
でも貧乏の家に生まれた人でも多くの人が成功しています。

ただ成功するまでにもともとお金を持っている人よりは若干時間がかかりますよね。
勝負するまでの資金を調達するのに時間がかかりますから。

資金さえ集まれば綺麗な放物線を描くように収益が倍増していきます。
とにかく事業に投資出来るキャッシュをいかに早く集めることが出来るのかがより多くのお金を生み出すことが出来るかどうかの分水嶺になることは間違いないでしょう。

もともとお金がある人はいいのですが、お金がないひとは良い企画書を出してパトロンを探すか借金をしてお金をかき集めるしかないですね。それか地道に収益を上げて独立するか。なお借金する場合には低金利カードローン比較※銀行と消費者金融というサイトで業者を決めれば良いでしょう。借入先をいかに低金利で抑えるかも重要なポイントですからね。

とにかく大きなキャッシュを生み出すためには大きなキャッシュを費やさないといけないのでその辺を成功したいと思っている人は把握する必要がありますね。

安定の中に大きな成功はありません。もともとお金持ちの人以外は。
ただもともとお金がなくてもがんばり、工夫し、資金を調達出来れば想像できないようなキャッシュを手にすることも十分可能なんです。

あとはやるかやらないかの決断をするだけだと思います。
その決断が出来ない人がほとんどなのですが。

コナミがカジノに向けた子会社を設立!

いよいよカジノに向けた動きが活性化してきました。
あのゲーム大手のコナミがカジノ専門の子会社を設立したとの報道がありました。

なんかこう聞くと既に日本でカジノ法案が通ることが決まっていて、
その情報をキャッチしたコナミがいち早く動いたのでは?と勘ぐってしまいそうですが、
実はコナミは既に海外でカジノ機器を提供しているらしく、
今後、日本にもカジノが出来るかもしれないという意味も含めて子会社を設立したようです…。

それにしてもやはり大手だけあって動きが早いですね。
これに乗じて他の企業もカジノに動くかもしれませんよね。

金で世界を釣るとはまさにこういうことかもしれないですね。

それにしても、日本でカジノは実現するのでしょうか。
現在の日本にそういう施設が全くないのであれば可能性は非常に高いとは思うのですが、何せパチンコという巨大産業がありますからね…。

日本独自の文化でもある訳で、言ってみれば大相撲という文化がある中で、モンゴル相撲を発展させようという感じ(…ちょっと違うかも。。)のことをしようとしている訳で、それってなかなか難しいことだと思うんですよね。

今後どういう風にカジノが動いていくか分かりませんが、もし日本にカジノが出来れば大きな経済効果を生むことは間違いありませんね。それに、経済大国日本でのカジノですから、世界からお金持ちが集まってくる可能性もありますしね。

カジノを運営するにあたっての雇用も生まれますし、日本国にもたらすメリットは計り知れないと思います。逆にパチンコは海外にお金が流出しているだけですからその差は雲泥ですよね。

是非ともカジノは実現して欲しいですよね。

ただ…それにより破産する人が増えることも懸念材料として考えなければなりませんね。
某製紙会社の会長にような人が生まれないことを祈るばかりです…。

タイのクーデターについて

タイのクーデターのニュースが大々的に報道されているので、ニュースをあまり見ない人でもタイのクーデターのことは分かる人が多いのではないでしょうか?

タイのクーデターの話に行く前に、ちょっとマメ知識的なお話を…。

タイの首都ってどこかご存知ですか?
おそらくほとんどの方が知っていると思うのですが、バンコクです!

で、そのバンコクって世界的に向けた呼称であって正式名称をご存知でしょうか?

長いですがビックリしないで下さい…。

正式名称は…

クルンテープマハナコーン アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット

と言います…。

本当に!?
と思いますよね?

ウィキペディアで調べてもしっかり出てきますよ!
まーこれが言えたからと言ってどうなる訳でもありませんが…。
というか、これタイ人でも言えるんでしょうか…謎です。

ではクーデターの話をしましょう。

話と言っても、大した話ではありません。
タイには日系の企業が多数進出してますが、それらの日系企業の影響は…というものです。結構撤退している日系企業が多いそうですね。

今ベトナムなんかも進出先として注目されていますが、タイはベトナムよりも多い第一位の進出先ですからね。

タイがこけたとなると今度はベトナムになっていくと思いますが、そのベトナムも中国との抗争で危険ですからね。

その背景には、今東南アジアの貧富の差が問題になっていると言われています。世界の工場と呼ばれるのは働く側の人たちからしてみれば決して名誉なことではありませんからね…。

今後の東南アジア各国の動向に注目ですね。

今最も稼いでいる日本人スポーツ選手と言えば…

今世界で活躍し、最も稼いでいるスポーツ選手と言えば誰が思いつくでしょうか?

近々行われるワールドカップの影響でサッカーが注目され、
本田や長友、香川なんかを思いつく方も多いかもしれませんが、
今最も稼いでいる日本人スポーツ選手と言えばやっぱりニューヨークヤンキースのマーくんでしょう!

ではそれぞれの年俸を見て参りましょう。

ACミランで何かと話題の本田選手の年俸は7億7千万円。
マンチェスターでなかなか出番の無い香川選手は5億2千万円。
インテルで活躍中の長友選手は意外と安い1億5千万円。

なんか、活躍と反比例しているようにも思える上記の年俸ですが、日本のJリーグよりははるかに高いですね。さすが世界で活躍しているサッカー選手だけありますね。夢があります!

じゃあヤンキースのマーくんこと、田中将大投手はどれだけ稼いでいるかと言うと…

なんと7年総額で161億円。
年俸にすると、なんと22億4000万円ということになります。

もうケタが違いますね…。

これは恐ろしい数字ですよね。
年俸が22億4千万円ということは、月給が1億8千万ということになります。

つまり、1ヵ月の給料があのインテルで活躍している長友選手の年俸よりも多いということに…。

野球ってそんなに儲かるの!?
と思ってしまいますが、確かに日本でもサッカーよりも年俸は高いですよね。
日本ではまだまだサッカーより野球の方が人気が高いですが、世界的にはサッカーの方が人気がありますね。おそらくグッズ収入で言えばサッカーはものすごい金額になると思います。世界的に有名なサッカークラブのユニフォームなどは世界中で売られていますからね。

それなのにヤンキースのマーくんと来たら…

年俸22億4千万…。
すごすぎますね。

今日の最新情報で7勝目を挙げたそうですが、
これだけのお金を貰っていてよくモチベーションが維持出来ますよ…本当に。
いや、モチベーションの維持だけではメジャーリーグでは通用しませんね。
常にストイックにならないと…。

もしこれだけのお金があったらすぐに遊んでしまいそうです…。

本当にプロのスポーツ選手ってすごいですよね。
特に世界で活躍している選手は本当にすごいです…。

お金を借りたい!

金で世界を釣る…
なんて大そうなブログ名ですが、正直全然世界を釣れるような状況でありません。それどころか、お金が全くありません。

今のこの状況をどう脱するか、それが今の僕のテーマです。

まずはお金を借りなければならないですが、
どこから借りればいいか…それが今は先決です。

色々聞いてみたのですが、
今はカードローンというものがあるらしいです。
ある程度まとまったお金を借りることが出来るらしいので、まずはそこを利用してみようと思っています。

カードローンというと聞こえはいいですが、いわゆるサラ金です。

調べて分かったのですが、総量規制という規制があるらしく年収んお1/3までしか借りることが出来ないとか…。
働いてない僕はどうやって借りればいいのか…。
そして、働いていない僕でも借りることが出来るのか…。
この状況を脱するにはやっぱり働くしかないのか…。

など、色々と考えが錯誤してしまっています。

とりあえずお金を借りる為にアルバイトでもしてみようかなとは思っているのですが、そのアルバイトすら決まらない状況でして…。

あと、調べてみたら銀行にもカードローンというものがあるらしく、それだけすごく金利が安いんですよね。でも審査がすごく厳しいらしいので今の僕にはきっと無理でしょうね…。

とりあえず、このブログにて今無職の僕がどうお金を借りていくのか…、そんな事を書いていこうと思っています。

今の僕がお金を借りるにはものすごく高い壁ですが、なんとかこの壁を乗り越え、そしていずれは金で世界を釣ってやろうと思っています…。

そもそもお金を借りようとしている僕が世界を釣れる訳がないんですけどね…。

とりあえず借入が出来るよう頑張ります!
応援宜しくデス!!