コナミがカジノに向けた子会社を設立!

いよいよカジノに向けた動きが活性化してきました。
あのゲーム大手のコナミがカジノ専門の子会社を設立したとの報道がありました。

なんかこう聞くと既に日本でカジノ法案が通ることが決まっていて、
その情報をキャッチしたコナミがいち早く動いたのでは?と勘ぐってしまいそうですが、
実はコナミは既に海外でカジノ機器を提供しているらしく、
今後、日本にもカジノが出来るかもしれないという意味も含めて子会社を設立したようです…。

それにしてもやはり大手だけあって動きが早いですね。
これに乗じて他の企業もカジノに動くかもしれませんよね。

金で世界を釣るとはまさにこういうことかもしれないですね。

それにしても、日本でカジノは実現するのでしょうか。
現在の日本にそういう施設が全くないのであれば可能性は非常に高いとは思うのですが、何せパチンコという巨大産業がありますからね…。

日本独自の文化でもある訳で、言ってみれば大相撲という文化がある中で、モンゴル相撲を発展させようという感じ(…ちょっと違うかも。。)のことをしようとしている訳で、それってなかなか難しいことだと思うんですよね。

今後どういう風にカジノが動いていくか分かりませんが、もし日本にカジノが出来れば大きな経済効果を生むことは間違いありませんね。それに、経済大国日本でのカジノですから、世界からお金持ちが集まってくる可能性もありますしね。

カジノを運営するにあたっての雇用も生まれますし、日本国にもたらすメリットは計り知れないと思います。逆にパチンコは海外にお金が流出しているだけですからその差は雲泥ですよね。

是非ともカジノは実現して欲しいですよね。

ただ…それにより破産する人が増えることも懸念材料として考えなければなりませんね。
某製紙会社の会長にような人が生まれないことを祈るばかりです…。

タイのクーデターについて

タイのクーデターのニュースが大々的に報道されているので、ニュースをあまり見ない人でもタイのクーデターのことは分かる人が多いのではないでしょうか?

タイのクーデターの話に行く前に、ちょっとマメ知識的なお話を…。

タイの首都ってどこかご存知ですか?
おそらくほとんどの方が知っていると思うのですが、バンコクです!

で、そのバンコクって世界的に向けた呼称であって正式名称をご存知でしょうか?

長いですがビックリしないで下さい…。

正式名称は…

クルンテープマハナコーン アモーンラッタナコーシン・マヒンタラアユッタヤー・マハーディロッカポップ・ノッパラッタラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーンアワターンサティット・サッカタットティヤウィサヌカムプラシット

と言います…。

本当に!?
と思いますよね?

ウィキペディアで調べてもしっかり出てきますよ!
まーこれが言えたからと言ってどうなる訳でもありませんが…。
というか、これタイ人でも言えるんでしょうか…謎です。

ではクーデターの話をしましょう。

話と言っても、大した話ではありません。
タイには日系の企業が多数進出してますが、それらの日系企業の影響は…というものです。結構撤退している日系企業が多いそうですね。

今ベトナムなんかも進出先として注目されていますが、タイはベトナムよりも多い第一位の進出先ですからね。

タイがこけたとなると今度はベトナムになっていくと思いますが、そのベトナムも中国との抗争で危険ですからね。

その背景には、今東南アジアの貧富の差が問題になっていると言われています。世界の工場と呼ばれるのは働く側の人たちからしてみれば決して名誉なことではありませんからね…。

今後の東南アジア各国の動向に注目ですね。

今最も稼いでいる日本人スポーツ選手と言えば…

今世界で活躍し、最も稼いでいるスポーツ選手と言えば誰が思いつくでしょうか?

近々行われるワールドカップの影響でサッカーが注目され、
本田や長友、香川なんかを思いつく方も多いかもしれませんが、
今最も稼いでいる日本人スポーツ選手と言えばやっぱりニューヨークヤンキースのマーくんでしょう!

ではそれぞれの年俸を見て参りましょう。

ACミランで何かと話題の本田選手の年俸は7億7千万円。
マンチェスターでなかなか出番の無い香川選手は5億2千万円。
インテルで活躍中の長友選手は意外と安い1億5千万円。

なんか、活躍と反比例しているようにも思える上記の年俸ですが、日本のJリーグよりははるかに高いですね。さすが世界で活躍しているサッカー選手だけありますね。夢があります!

じゃあヤンキースのマーくんこと、田中将大投手はどれだけ稼いでいるかと言うと…

なんと7年総額で161億円。
年俸にすると、なんと22億4000万円ということになります。

もうケタが違いますね…。

これは恐ろしい数字ですよね。
年俸が22億4千万円ということは、月給が1億8千万ということになります。

つまり、1ヵ月の給料があのインテルで活躍している長友選手の年俸よりも多いということに…。

野球ってそんなに儲かるの!?
と思ってしまいますが、確かに日本でもサッカーよりも年俸は高いですよね。
日本ではまだまだサッカーより野球の方が人気が高いですが、世界的にはサッカーの方が人気がありますね。おそらくグッズ収入で言えばサッカーはものすごい金額になると思います。世界的に有名なサッカークラブのユニフォームなどは世界中で売られていますからね。

それなのにヤンキースのマーくんと来たら…

年俸22億4千万…。
すごすぎますね。

今日の最新情報で7勝目を挙げたそうですが、
これだけのお金を貰っていてよくモチベーションが維持出来ますよ…本当に。
いや、モチベーションの維持だけではメジャーリーグでは通用しませんね。
常にストイックにならないと…。

もしこれだけのお金があったらすぐに遊んでしまいそうです…。

本当にプロのスポーツ選手ってすごいですよね。
特に世界で活躍している選手は本当にすごいです…。