現金があれば何でも出来る!

アントニオ猪木の名言中の名言、元気があれば何でも出来る!

確かに元気があれば何でも出来るような気がしますが、
資本主義の日本では元気だけでは生きていくことは難しいと言えます。

いくら元気があっても能力が無ければ会社で仕事を任せることは出来ませんし、いくら元気があっても才能が無ければ専門特化された道で生きていくことは難しいと言えます。

しかし、元気ではなく現金ならどうでしょう。

資本主義の日本、現金があれば何でも出来ます。

たとえ、能力が無くても、才能が無くても、持っている現金で能力と才能を買うことが出来るからです。つまり、現金があればその現金を更に増やすことが可能ということです。

これは現金があれば何でも出来る…ということにはならないでしょうか。

このブログは金で世界を釣る…というタイトルですが、まさに現金があれば世界を釣ることだって可能という訳ですね。

今はグローバル化が進み、日本人がどんどん海外に進出しています。
そう…ジャパンマネーを持ってです。

日本は経済大国と言われるだけあって、
世界ではやっぱりお金持ちの国です。

日本の1万円が海外では何倍にも価値が膨れ上がります。

それを活用して日本が海外に進出する。

今後、経済格差はどんどん無くなってくると言われているので、進出するなら差がある今が最後のチャンスなのかもしれませんね。

現金があれば何でも出来る。
例えば今100万円を持っていたとしましょう。

日本で何かを始めるには物足りない金額ですが、
海外ではそんなことはありません。

100万円でも十分に勝負出来る国はいくつもあります。

あなたも現金で世界を釣る勝負をしてみませんか?
海外に行くという勇気さえあれば夢を叶えることが出来るかもしれませんね。

キャッシングの審査は会社によって基準が違う

消費者金融でキャッシング即日を利用したいと思ったら、審査を受ける必要があります。
手軽になったとは言っても借金ですから、本当に信頼してお金を貸しても良いかどうかを調べる必要があります。
自分では、ちゃんとお金を返すめどが立っていると思っていても、そう判断されないかもしれません。
消費者金融に申し込む方法はいろいろとあります。
店舗でも良いですし、無人契約機でもインターネットでも構いません。
どの方法であっても結果は変わらないからです。
金利が低い会社を利用したいと誰もが思うでしょう。
つまり、金利が低い会社は申し込みが殺到してしまうために、審査基準が比較的厳しくなっていると言うことです。
もしも、申し込んだけれど通らなかったからと言って、絶対にキャッシングを利用できないというわけではありません。
一社でも断られてしまうと、自分がブラックリストにでも入ってしまうのかと思う人もいるかもしれませんが、そういうことではないので安心してください。
それぞれの消費者金融によってかなり基準が違いますから、他を当たってみましょう。
同じ銀行系であったとしても、会社によっては審査が通ることもあります。
どこが通りやすいのかと言うことになると、基準がバラバラですのではっきりとは言えません。
どこの会社であっても共通して言えることは、収入がなかったり、すでにブラックリストに入っていたりすればキャッシングは利用できないということです。
このようなことがなければ、あきらめないで申し込んでみましょう。