成長見えない日本郵政

日本郵政が上場するかどうかのニュースを見ました。
日本郵政とは、あの小泉政権がなんとしてもやりたかった郵政民営化の末、国営から民営化になった郵便事業のことを言います。あれだけの組織、そしてほぼ独占事業とも言える郵便という事業を行っていながらまだ上場とか言っている時点でちょっと残念な気持ちになってしまいますよね。

そのニュースの記事では上場出来ない理由があれこれ書いてありましたが、なんだか全て言い訳に聞こえてしまいました。なんであれほどの規模と事業を持ちながら儲けることが出来ないんだとどうしても思ってしまいます。

やはり公務員体質が未だに残っているのかもしれませんね。
お役所というのは基本的には利益というのは追求しませんから、その延長で今も運営を行っている結果なのかもしれません。もっと経営のトップに経営に優れた人材を起用した方が…と思って調べてみたところ、役員には誰でも知っている大企業の社長や会長を勤めた人たちがずらっと顔を揃えているではありませんか…。これほどの経営陣を揃えてもうまくいかないのかと落胆してしまいました。

ということはですよ?
そもそもの日本郵政のビジネスモデルが間違っているということじゃないでしょうか。
それはつまり、国営だった時代にかなり無駄な税金が流れていたということになります。
きっと今のお役所が運営するものってそんな感じなんでしょうね。

税金で賄えるからとって儲けを度外視するのはやっぱりよくないですよね。
今回の郵政の一件でどれほど国の運営がずさんかがハッキリしたと思います。
税金を増やす前にまずはこのあたりを見直して欲しいですが…そうはいかないんでしょうね。
なんだか本当にやるせない気持ちになりますね…。