ダイエットを成功させるためには固い決意とダイエット後に何をしたいのかという具体的な目標を立てることが秘訣です。

ダイエットを成功させるために一番大事なことは、決して心をぐらつかせないことです。
10kg減量すると決めたなら成功するまでやりぬく固い決心が必要です。
決心がなければ必ず途中で挫折してしまいます。

なぜダイエットするのか、10kg減量した暁には何をやりたいか、といった具体的な目標を掲げることが成功への秘訣となります。
私は1年間で25kg減量するという目標を立てました。
その目標を達成できたらお気に入りのブランドの洋服を買う、憧れの男性にアプローチする、といった具体的な目標をかかげました。

そして、その目標を達成するための具体的な方法として、ジムに週5回通う、夕食は炭水化物抜きの野菜と植物タンパク質が主なメニューにする。
甘い物は一切摂らない。
外食もコンピニのおにぎり程度にしてついカロリーを摂りすぎてしまうレストランには行かない、といった方法でダイエットを開始しました。
以前から甘いものは好きではなかったのでこの点は難なくクリアー。
外食も行かないようにするとお金もたまり、一石二鳥。
ジム通いに関しては、どういう目的でジムに入会したのかをはっきりとスタッフに伝え、その目的を達成するための具体的な運動メニュを作成してもらい、毎月運動後の結果を見ながらメニューを見なおし、常に自分はダイエット中なのだ、という決心を思い起こすことでモチベーションを保つことができました。

おかげで3ケ月で7kg減量し、その後6ヶ月目にはさらに6kg減量でき、半年で13kg減量に成功しました。
この調子で続けると、あと半年で14kg痩せるのも夢ではなくなってきました。
飲料水を水素水に変えたこともダイエット成功の大きなカギだったかもしれません。
汗をたくさんかくようになり、トイレも近くになり、新陳代謝が良くなってきているのが自覚できるようになりました。

このように、ダイエットを成功させるためには、固い決心となぜダイエットするのかという目的を具体的に持つことが成功のカギとなります。

脱毛を考えているかたは土浦 銀座カラー

健康診断前日の食事に関する注意点!

健康診断を受診する前に渡される案内書には、「朝食を抜いてください」「前日の22時までには夕食を済ませてください」などの、食事に関する注意が書かれています。なぜ健康診断を受ける前に、食事を抜く必要があるのでしょうか。検査の直前まで食事をしていた際に、特に影響を受けるのが「血液検査」です。

その中でも、糖尿病のリスクを検査するための「空腹時血糖」という項目に影響が出ます。「空腹時血糖」とは、その名の通り、空腹時の血糖値を測るもの。実は満腹だったとなれば、正しい数値が出ないことは、容易に想像ができます。このほか、脂質異常のリスクを調べるための「中性脂肪」も、空腹時の数値が必要となります。

この2つの検査項目の共通点は、「食事をとることで値が上がる」ということ。空腹時に検査をしていることになっているため、「空腹時の数値」がそもそもの基準。食後すぐに検査をすると、数値がぐっと上がって「異常値」と判断されてしまう可能性が考えられるのです。これにより正しい判定ができないと、誤った判定のまま、糖尿病や脂質異常が疑われることもあり得ます。また、健康診断は、基準値との比較をするほか、前年や前々年の自分の健診結果と比較することも重要視されているため、過去の健診と条件が違うと、正しい比較ができなくなるなどの悪影響を生じてしまい、結果や経過がうやむやになってしまいかねません。

そのため、前提として決められた「空腹状態」は、きちんと守ることが大切なのです。健康診断の時間から起算して、約10時間前から食事を抜くことが基本です。例えば朝9時に健康診断を受ける場合は「前日23時までに食事を取り、朝食を抜く」ということです。

とは言え、「23時までなら食べても構わない」と言っても、時間ギリギリまで暴飲暴食をしているようでは健康診断に差し支えてしまいます。

検査前日は、身体にやさしい食事を早めの時間にとりましょう。

前日の飲酒も基本的には禁止です。

脱毛をしたい方はこちら⇒脱毛 春日部

健康で気をつけていること!

私が健康に関して心掛けていることは、「生活リズム」です。「生活リズム」を崩すと、体内時計が狂ってきて、いろいろなところにガタが来ます。私は、夜眠れなくなったときには無理して寝ないようにしています。

ただ、寝る時間がバラバラでも、起きる時間は同じにして、体内時計は狂わないように心掛けています。眠れない原因としては、身体の緊張と脳の緊張があると考えます。やはり日々いろいろなストレスの中で過ごしていると、そのストレスが原因で眠れないときがあります。意識的に寝ようとしても、やはり眠れないわけで、そういうときは目を閉じているけど、寝られなくても構わないと考えています。どうせ、後から帳尻合わせで眠くなるからです。

眠れないと思いながら、無理に寝ようとしても、逆に目が冴えてきてどんどん眠れなくなってしまい、悪循環が続いてしまいます。ですので、無理に寝ようとせず、目はつむりますが横にはなっているだけの状態でいます。これだけでかなり体力が回復すると考えています。

やはり、夜眠りについても、いろいろと考え事をして、寝つけないことが多々あります。身体は疲れているはずなのに、寝られないときがあります。こういうときは、音楽をかけたり、温かい飲み物を飲んだりしますが、眠れないときは何をやっても眠れません。開き直って本を読んだり、テレビを見たりして眠くなるのを待つほうが気持ちは楽になります。眠れないという事態をあまり重く受け止めず、「いつかは眠れる」と考えて明るく過ごすことが大切だと考えています。でもやはり睡眠が大事であることには変わりません。眠れない原因としては、「ストレス」、「運動不足」、「体内時計の乱れ」などがあげられます。

眠くなる食べ物としては、全部トリプトファンを含有しています。トリプトファンの量が多ければ多いほど、睡眠作用は強くなります。トリプトファンは、乳製品(チーズなど)、大豆製品(豆腐、納豆、味噌)、その他の豆(アーモンドなど)、魚介類、卵、チョコレートに多く含まれています。トリプトファンは、ストレスを軽減する幸せホルモン「セラトニン」の材料で、睡眠を促す、心を落ち着かせる、ストレス解消のような効能があります。また飲み物だと、お酒で眠ると、寝覚めは最悪です。何かイライラします。

リラックスの「リ」の字も感じられません。一度寝酒に頼ると、依存症になることが多いので、眠れない夜はアルコールを避けて、ハーブティーやしょうが湯を飲むようにしています。

これまで、眠れないときはいろいろと音楽、飲み物、食べ物など試してみましたが、眠れないときは何をやっても眠れません。最終的には、「いつかは眠れる」と考え、楽観的に考えています。現代のストレス社会、やはり眠れないときはあるわけで、そういうときは無理して寝ないようにしています。

サプリも時々使っています。このように「生活リズム」を狂わせないようにすることが、私の健康に関して心掛けていることです。

サプリでダイエットするのもオススメですよ!
ミスココは飲むだけであなたのダイエットをサポートしてくれます!
ミスココをぜひお試し下さい!